アキレス腱断裂 痛みの原因

アキレス腱断裂の痛みに悩まされてる方は大変多いと思います。
痛みが出ると、精神的にも不安になってしまい、当院でもよく問い合わせがきます。

痛みが出るタイミングは、

1.アキレス腱断裂した際 

2.アキレス腱断裂後       の2つあります。


 

1.アキレス腱断裂した際(断裂した瞬間)

・アキレス腱を後ろから蹴られた感覚があった

・後ろからボールが当たった感じがあった

・ふくらはぎを叩かれた感じがあった

 

という感覚があります。これは実際はそこまで痛く、一瞬の痛みです。

痛みがあまり強くないため、アキレス腱断裂だと気がつかない方もいらっしゃいます。

しかし、上記の感覚はアキレス腱断裂の特徴的な痛みなので、このような症状がある際は

すぐにアキレス腱断裂を疑いましょう。

 


 

2.アキレス腱断裂後

実際に強い痛みを感じるのはアキレス腱断裂後から2日〜4日後です。

この大きな原因は「浮腫」からくる痛みです。

アキレス腱自体に神経は通っておらず、痛みを感じることは少ないのですが

アキレス腱周辺部分が痛くなってきます。

これは、アキレス腱断裂した際の出血が周囲溜まっていくためです。

↑上記の写真のようにアキレス腱断裂後は周りが青黒くアザのようになります。

内出血の箇所は個人差がありますが、くるぶし周りやアキレス腱上部のふくらはぎ付近に

出てくる患者様もいらっしゃいます。

 

その後、少しずつアキレス腱周囲が腫れ上がってきます。

この症状を心配される方が多くいらっしゃいますが、これは一般的な症状なので問題ありません。

特に足は常に心臓よりも低い位置にあるため、尚のこと血液が溜まりやすく

痛みの原因になっていきます。

 

その際は浮腫を軽減するために、適度に

「心臓よりも高い位置に断裂した足をあげる」もしくは、

「寝る前にタオルや枕、クッションをおき、足に高さを出してあげること」

ことで、浮腫が軽減され、痛みを和らげる事が出来ます。

 

さらに保存治療によりギプスを着用した際、腫れが強くなると、

ギプスが圧迫され痛みが強くなることがあります。

 

当院の歩行治療では、保存治療のギプスよりも比較的伸縮性、柔軟性があるので

そのような痛みは軽減することが出来ます。

また、保存治療の場合ですと、2ヶ月間ギプスをつけっぱなしでいることを

余儀なくされますが、歩行治療の場合は取り外しが可能ですので

1週間に一度ギプスを外し、浮腫状態を確認しながら治療を行うことが出来ます。


手術や、保存治療中に起こるあらゆるリスクを最低限に抑えながら治療に励むことが出来ます。

詳しくはHP(https://achilles.life/lp/)(https://achilles.life/)をご覧ください。

 

アキレス腱の痛みに悩まれている方、治療に悩まれてる方、歩行治療が気になる方は

ぜひ、まずはライン【@yuu7835】(24時間対応)や、お電話にて気軽に問い合わせて見てくださいね。

現在の状況をお聞きし、質問にお答えし、説明させて頂きます。

 

TwitterやInstagram、amebloにて毎日患者様の様子が見れます。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

電話無料相談窓口➡ 03-4405-5973

Twitter➡achilles_tokyo

Instagram➡achilles_tokyo

ameblo➡
https://ameblo.jp/achilles-tokyo/entrylist.html

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です