松葉杖での生活のリスク

アキレス腱断裂後には欠かせない、松葉杖。

 

手術の場合➡約1週間~2週間

保存治療の場合➡約1ヵ月、長くて3ヵ月以上

の松葉杖生活は余儀なくされてしまいます。

(実際にアキレス腱断裂後に松栄杖でいらっしゃった患者様)

松葉杖での生活をしたことがない方はなかなか想像がしにくいかも

しれませんが驚くほど大変です。

1.常に両手が使えない

2.雨の日に傘が差せない(自分がびしょ濡れ状態)

3.地面が濡れていると滑る

4.ある程度のスペースがないと前に進めない(松葉杖の幅があるため)

5.脇が痛くなる

6.指が痛くなる(腱鞘炎になる場合も)

7.階段や坂道が常に怖い

8.転んで再断裂する可能性がある 

9.逆足への負担がかかる

(実際に過去に腱鞘炎になってしまった患者様)

と、、、脅すつもりではないですが

残念なことに何もメリットがありません。

特にアキレス腱断裂で誰もが怖いのが、再断裂のリスクがある。ということ。

家に向かうのにも、会社に向かうのにも、どこに向かうのも

普段の3倍近くかかります。

当院に来院される方も、松葉杖の状態の方が多く、

遅刻されてしまう場合もよくあります。

 

最低2週間から、最長3ヵ月以上の固定とギプス。

歩行治療に切り替える前の患者様は元気なく、

落ち込み気味で来院される方が多数います。

アンケートには「何をするにも不便で生活すること自体にやる気がなくなってました」

との記載があることもあります。

日々の生産性がいろんな面で一気に下がってしまいます。

 

そんなアキレス腱断裂された際の松葉杖での生活を

楽にするのが当院の治療、歩行治療だと思っています。

特にアキレス腱断裂後は、一般的な怪我よりも

松葉杖の生活が長くなります。

 

ですが、当院の治療は松葉杖不要です。

しかも歩きながら治療が出来、歩行ギプスの期間はたったの1ヶ月です。

手術、保存治療中は仕事をすることが出来なかったが、

歩行治療に変えてから仕事を復帰した方も沢山います。

今まで多くの患者様に

「本当に歩行治療にして良かったです。」とのお言葉を毎度頂きます。

我々も自信をもって患者様を少しでも幸せに出来る治療だと思っています。

 

 

当ブログ以外にも初診、治療中の患者様や

復帰された患者様の様子を載せています。

今後とも完治された患者様の情報を掲載していきたいと思います。

沢山の情報を見て頂いて、多くの患者様が安心して治療を受けて

いただけたらいいなと思います。

 

その他ご質問ありましたら、ぜひラインアット【@yuu7835】

お電話にていつでもご連絡くださいね。

TwitterやInstagram、amebloにて毎日患者様の様子が見れます。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐-

Twitter➡achilles_tokyo

Instagram➡achilles_tokyo

ameblo➡
https://ameblo.jp/achilles-tokyo/entrylist.html

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です