歩行療法に関する「よくある質問 ( アキレス腱断裂Q&A ) 」をまとめてみました。

Q,アキレス腱断裂治療院という治療院があるのですか?

治療院は東京と長野2拠点あります。主に長野県飯田市にある「いいだ整骨院」での治療となります。水・木をメインに原先生が東京に出張診療に来ております。※東京の診療場所は、予約・問い合わせいただいた患者様に詳細をお伝えさせていただきます。

Q,保険は適用されますか?

本治療の固定材料費(歩行ギプス費)が保険で認められておりませんので、保険適用外となります。

 

Q,診断書・休業申請書・領収書などは発行できますか?

休業補償の申請・診断書・領収書などの発行は、対応しますのでご相談ください。確定申告の際、医療費としての対象となります。

 

Q,治療費にギプスの費用など全て含まれていますか?

総額80,000円(初診:70,000円/再診:10,000円)に治療費と歩行ギプス費など全て含まれております。※ギプス用の靴は含まれておりません。ギプス用サンダルはご持参いただくか、当院で一足2,000円での販売が可能です。

 

Q,事前に予約が必要ですか?

当院は完全予約制です。事前に予約・問い合わせフォームよりご予約いただいた患者様のみ治療させていただきます。

 

Q,現在既に「保存療法/手術療法」を実施している場合でも途中から歩行療法への切り替えは可能ですか?

 これまでの患者様で途中から歩行療法へ切り替えられた事例は多くあります。保存療法を一ヶ月以上行った患者様が途中から当院の歩行療法に切り替えた事例もあります。しかし、各患者様によって個人差もあるので、患者様の状況や症状をお聞きした上で、当院で治療を実施可能か否か、先生が判断致します。ぜひ一度お気軽にお問い合わせください。歩行療法のメリットは各治療法との比較で紹介しています。

 

Q,再断裂の場合も手術せずに歩行療法で治療可能ですか?

一般的には再断裂は手術しなければ治らないと言われていますが、原先生は再断裂を歩行療法で治した実績はあります。別の病院で保存療法をやられていて再断裂し、当院の歩行療法に切り替えて綺麗に治った事例もあります。その事例のブログはこちら。再断裂でお困りの患者様もぜひお問い合わせください。現在の状態やこれまでの治療の内容を詳しくお聞きして、歩行療法で治せるかを確認した上で、治療させていただきます。

Q,歩行療法はあまり聞いたことのない治療法で不安です。

歩行療法は250症例の実績を持つ安心・安全な治療方法です。今までアキレス腱が癒合しなかったなどのトラブルは一度もなく、全ての患者様が綺麗な元どおりのアキレス腱に治しています。原先生は長年、歩行療法治療の経験とノウハウを持った信頼できる先生です。これまで実際に当院の歩行療法を経験された患者さんの声も参考にしてみてください。最初は不安もあると思いますので、その場合は先生にまず無料相談することも可能です。ぜひお気軽に一度問い合わせフォームよりご相談ください。

 

Q,治療した直後からすぐ歩けますか?

  • 初診で歩行ギプスという当院の特殊なギプスを装着することで、治療直後より松葉杖が不要で歩行が可能になります。しかし通常通りのスピードや歩き方ですぐ歩けるわけではありません。最初はガニ股でゆっくり歩き、歩行ギプスを装着した1ヶ月間はずっとがに股歩きをしていただきます。

  • 再診(歩行ギプス除去)後の1〜2週間を目安に次第にがに股歩きから通常の歩行へ移行していくイメージです。最初から普通の歩行をしようとするとアキレス腱の再断裂の危険性が高まります。詳しくは患者さんのブログの治療風景を載せていますので、ご一読ください。

 

Q,初診(歩行ギプス装着)の際の持ち物は?

  • 身分証明書(運転免許証もしくは保険証)
  • 初診料金:70,000円(現金でお願いしております)
  • 歩行ギプス用のサンダル(イメージ例)→普通の靴やスリッパですとギプスの厚さがあり入りませんので、事前にECサイトで購入して持参いただくか、不要なサンダルをお持ちいただいてその場でカットしてテーピングで巻きつけるなどさせていただきます。事前にご連絡いただければ、当院で1足2,000円(税込)での販売も可能です。

 

Q,再診(歩行ギプス除去)の際の持ち物は?

  • 再診料金:10,000円(現金でお願いしております)
  • ギプスを外した後に履く普通の靴
  • 緩めのハイソックス(いきなり歩行ギプスを外すと不安になる方が多いのでハイソックスを履いて、後ろ側のシーネだけつけて、その上からベルクロで巻いて最初の1週間ほど過ごされる方が多いです。ですから念のため、緩めのハイソックスをお持ちください。圧迫感の強い靴下はむくみの原因になるのでNGです。)

 

Q,歩行ギプスを固定している一ヶ月の間に、つまずいたりして再断裂した場合はどうなりますか?

  • 再断裂をした(もしくは可能性がある)場合は、すぐに我々にご連絡ください。その時の状況や現在の症状をお伺いし、必要に応じて再度来院いただきます。
  • 初診〜再診までの歩行療法期間中に、歩行ギプスを巻き直す場合は、ギプスの材料費として10,000円頂戴しております。
  • 再断裂をした、しなかったに関わらず、歩行ギプスを新しく巻き直す必要があるので、どちらにしても途中診察の料金は10,000円となります。

 

Q,ギプス除去後、再断裂した場合はどうなりますか?

  • 再診(ギプス除去)後、再断裂をした(もしくは可能性がある)場合は、すぐにご連絡ください。症状や状況をお伺いし、再断裂か否かの判断をさせていただきます。再度、歩行療法治療をご選択いただけましたら、同様に事前予約をし来院いただきます。
  • 再断裂の治療費用は、合計60,000円(初診 50,000円・再診 10,000円)となります。通常料金の80,000円から-20,000円の割引となります。治療の流れは当初と同じく1ヶ月の歩行ギプス固定をします。
  • 再断裂の可能性があり、診察に来られてみた結果再断裂でない場合は、通常のアフターサポート料(一回30分5,000円)をお支払しお帰りいただきます。

 

Q,歩行療法期間中に自転車や自動車の運転は可能ですか?

  • 歩行ギプス固定中、自転車の運転は可能です。しかし、歩行ギプスを付けている分、普段の自転車走行通りにスムーズにできるわけではありませんので、ご自身の判断で行なってください。特にお子様を乗せたり、急な坂道などある場合は自転車に乗ることはお控えください。万が一の事故には一切責任を追いかねませんのでご了承ください。
  • 歩行ギプスを付けている際に自転車走行をされる場合は、ガニ股でかかとで漕いで、着地はアキレス腱が断裂していない方の足で着地して下さい。アキレス腱が引っ張るような動作をすると再断裂に繋がるのでご注意ください。また、普段通り坂道などを漕ぐのは負担がかかり、再断裂の危険もあるので、無理しない程度にできる範囲で行なってください。
  • 自動車の運転は、利き足が良好な方は通常通りの運転が可能です。しかし、利き足のアキレス腱を断裂されている患者様のギプス固定中の自動車運転は禁止させていただいております。自動車運転に関わるトラブルの責任は一切負い兼ねますのでご了承ください。自動車運転は、歩行ギプスを除去してから一ヶ月後から可能です。

 

Q,歩行療法期間中の入浴やシャワーは可能ですか?

  • 入浴やシャワーはギプスカバー(例)などを着けて歩行ギプスが濡れない様にすれば入っていただけます。水がギプスに入ってしまうとムレでかゆみや悪臭が発生する原因になるので十分お気をつけください。

 

Q,歩行ギプスは取り外し可能ですか?

  • 歩行ギプスは基本的には一ヶ月間は取り外すことなくずっとつけたままでお過ごしいただきます。しかし、暑い季節はムレやかゆみが発生し悩まれる患者様もいらっしゃいます。その際はご自宅で、足首につけているアキレス腱補助綿棒は取らずに、周りの包帯を外して巻き直していただいても構いません。足首につけているアキレス腱補助綿棒は、先生の技術で絶妙な位置につけているので、絶対に外さないでください。これを外して患者様ご自身で適当な位置につけてしまうとアキレス腱が変形したり、痛みが発生したりしてしまいます。

 

Q,歩行療法期間中の飲酒は可能ですか?

  • 基本的にはNGです。理由はアルコールはむくみの原因になるからです。アキレス腱の癒合の大敵はむくみなのでそれを誘発する原因となる飲酒はお控えください。

 

Q,回復後、運動をしたいと思っているのですが歩行療法で治療した場合のアキレス腱の機能が気になっております。手術や保存療法と比較して機能が落ちることはないのでしょうか?

  •  歩行療法の方が回復が早く、後遺症も残りません。スポーツ復帰も早く出来ます。歩行療法は名の通り、初めから歩きますので、機能低下(神経・血管系・筋肉・骨・関節)が少ないのが特徴です。また、むくみを予防する方法、アキレス腱を元の細さに近い状態で治すことでアキレス腱の運動性を回復させて、より下肢運動機能低下を防止します。また、手術のように瘢痕が残る、アキレス腱が硬くなることも有りません。他の治療法よりすぐれた治療法です。

 

Q,他の治療院でも似たような歩行療法をしている接骨院がありますがどのように違うのでしょうか?

  • 歩行療法を考案したのは、原先生の師匠である吉澤先生です。ですから原先生は日本で一番歩行療法の実績があり、多くの経験やノウハウを持っています。
  • アキレス腱断裂と一言で言っても、患者様の体調や断裂状態によって様々な問題やトラブルが、治療・リハビリ期間に発生する可能性があります。そんな時、当院の原先生であれば今までの経験から的確なアドバイスが可能です。実際多くの患者様から、「治療だけでなく歩行療法期間中などいつでも困り事や質問を先生に相談できる体制がよかった。」とのお声をいただいております。
  • また、我々はアキレス腱断裂治療に関してワンストップサービスを提供します。最初の無料相談、予約・問い合わせ、治療、歩行療法期間中のメールや電話でのサポート、歩行ギプス除去後のフォロー、スポーツ復帰するまで……。アキレス腱断裂時からスポーツ復帰まで、メールや電話で密に患者様と連絡を取り合い、スピーディーかつ誠実に、最後まで責任を持って対応させていただきます。
  • 東京都内と長野県の2ヶ所で同じ治療を受けられるのもメリットです。※東京の診療場所は、予約・問い合わせいただいた患者様に詳細をお伝えさせていただきます。
  • 歩行療法の来院回数は2回のみです。他の治療院様では途中週2回ほどの通院をしなければならないところもあるので、お仕事などでお忙しい方は当院の歩行療法がフィットするのではないかと思います。

 

Q,原先生は長野県の飯田市でも歩行療法をされているようですが同じですか?長野でも同様の治療を受けられますか?

  • 長野県飯田市にある「いいだ整骨院」でも歩行治療を受けられます。原先生の現在のお住いは長野県で、出張診療で水・木をメインに東京に来ています。ですから、長野県の飯田市の方が近い患者様や、「すぐに長野県に行って歩行療法を受けたい!」とご希望の患者様もこちらの予約専用フォームより、長野県での治療の予約も承っておりますのでお問い合わせください。
  • 「いいだ整骨院」へのお車でのアクセスは、東京都内・大阪府内からは共に「片道約3時間半〜4時間」。高速バスは、新宿・横浜・名古屋・長野・松本他〜出ています。「伊賀良(いがら)」バス停下車、タクシーで5分ほどで「いいだ整骨院」に到着します。※「りんごの里(農産物直売所)」前にタクシー乗り場があります。高速バスの所要時間は「片道約4時間」、料金は通常席で「片道4,200円」です。
  • 初診を長野県で治療し、再診を東京で行う(その逆)と言ったパターンももちろん可能です。