歩行療法事例90 東京都50代男性 初診 断裂2回目 バレーボールで左アキレス腱断裂

O様のプロフィール

・居住地:神奈川県

・年齢:51歳

・性別:男

・理由:バレーボール

・断裂足:左

・断裂日:2018/4/30

・問い合わせ日: 4/30

・歩行療法実施日:5/3

・歩行ギプス除去日 :

・状況:ガチガチのギプス固定で来院

・問い合わせ:インターネット検索

 

保存療法のガチガチのギプス固定と松葉杖でご来院。まずはギプスを除去していきます。

 

左アキレス腱がむくんで断裂しているのがわかります。

保存療法のギプス固定は筋力の低下や足の硬直を招くのでよくありません。
しかしこちらの患者さんは幸いにも固定期間が短かったので、
むくみも激しくなく、痛みもなく歩行ギプスを固定することができました。
無事歩行ギプスを固定して松葉つなしで歩けるようになりました。
最初は恐る恐るですが、す具に慣れてスムーズに歩けるようになっていきます。

🌼患者様のお声🌼

アキレス腱断裂した時はパチンと音がして、10年ほど前に逆足を断裂した時と同じ感覚だったのですぐ分かりました。以前の時は保存療法で二ヶ月松葉杖生活を送り、ふつうに歩けるには半年くらいかかったので、また仕事への復帰に時間がかかるのでショックでした😭

松葉杖生活は不便なので、あまりしたくなく、インターネットで歩行療法を見つけ問い合わせました。最初は今まで聞いたことのない治療なので不安でしたが、電話で話を聞いて安心しました。

今日無事歩行ギプスを固定できて、前と比べて松葉杖ないだけで格段に楽ですし、早く治せそうで嬉しいです!😊😊本当にありがとうございました!一ヶ月しっかり頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です