歩行療法事例69 初診 40代三児のママ バスケットで左アキレス腱断裂

H様のプロフィール

・居住地 : 東京都

・年齢:40歳

・性別:女性

・理由:バレーボール

・断裂足:左

・断裂日:2017/11/4

・問い合わせ日: 11/7

・歩行療法実施日:11/9

・歩行ギプス除去日 :

・状況 : 保存療法のギプス固定後、3日後に歩行療法へ切り替え

新しい患者さまがご来院されました。松葉杖でのご来院です👇

{0C7E0282-C3A6-406C-BE9B-FB11C03BC225}

ガチガチの保存療法こギプスを除去していきます。この状況の固定が長ければ長いほど歩行療法に変更しにくくなってしまいます👇

{C4C6ED0A-9817-4AE5-80D8-E2947F314BA3}

ひだりアキレス腱が断裂しています。また足首の部分のむくみも強めです👇

{747C195E-E9B6-4EA1-B857-87FB9CCEC7CB}

当院のがに股歩きができる柔らかくて軽い歩行ギプスに変更して歩いてみます👇

だんだん慣れて来て歩行もスムーズに👇

❣️患者さまのお声❣️断裂した時はかかとに強い衝撃がありましたがアキレス腱断裂とはすぐには分かりませんでした。小さい子供が3人いるのでその子育てや家事が普段通りにできるのかとても不安になりました。

整形外科に行って、手術は家を開けるのが無理なこと、感染症のリスクがこわいのでやめて、保存療法を選択しました。しかし、いざ松葉杖生活が始まってみるととても普段の生活ができなく不便で困りました。両手がふさがるだけで家事も育児も全くできませんでした。

その後インターネットで歩行療法を検索して見つけた時は、半信半疑でしたが興味を持ちました。主人も私も不安でしたが、本日一緒について来てもらい、治療が無事完了して安心しました。先生方は明るく丁寧にみていただいて、主人も納得してくれたようで良かったてます。有難うございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です