歩行療法事例66 再診 40代男性 左アキレス腱断裂の翌日から歩行療法開始

Y様のプロフィール

・居住地 : 神奈川県

・年齢:44歳

・性別:男性

・理由:硬い押し戸を瞬時に力を入れて押した際に損傷

・断裂足:左

・断裂日:2017/9/29

・問い合わせ日: 9/30

・歩行療法実施日:10/1

・歩行ギプス除去日 : 11/1

・状況 : ギプスも何もつけていない状態でがに股歩きでご来院。

こちらの患者様の歩行ギプス除去日がやってきました。早速歩行ギプスを除去しアキレス腱の癒合を確認します。左側の腱が綺麗に癒合しています👇

{2B5EEAC9-37E5-4B44-8831-6464B9A23D47}

何もつけない素足で歩いてみます。久しぶりに地面に足をつけるので不思議な感覚とのこと。とてもスムーズな歩行です👇

いきなりギプスを全て外すのはご不安とのことで簡易固定でしばらく1週間ほどお過ごし頂くことに。これは取り外しが可能なので毎日お風呂も入れます👇

{9CF5B061-2429-44A3-9B5C-B6BB94450810}

やはり簡易固定があるほうが安定感があるとのこと。だんだん素足にも慣れていってもらえればと思います👇

❣️患者さまのお声❣️

本日は無事アキレス腱がくっついて安心しました。

歩行療法期間中は松葉杖なしで仕事ができたので助かりました。二年前に逆の右足を断裂した時は手術療法を選択し、とても大変な思いをしたのでそれに比べて今回の歩行療法はとても楽に早く治せました。手術療法でやった松葉杖生活がとても大変で地獄のような療養生活だったので、本当に今回は歩行療法に出会えて良かったです。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です