歩行療法事例56 再診 60代男性 バレーボールで右アキレス腱断裂

K様のプロフィール

・居住地 : 埼玉県

・年齢:67歳

・性別:男性

・理由:バレーボールでレシーブ中

・断裂足:右

・断裂日:2017/9/2

・問い合わせ日: 9/4

・歩行療法実施日:9/6

・歩行ギプス除去日 : 10/9

・状況:アキレス腱断裂2日後に簡易固定、4日後に歩行療法に切り替え

こちらの患者様のギプス除去日がやってきました。右アキレス腱がバッチリ綺麗に繋がっています👇
ただいきなり固定を外すのはご不安とのことでしばらく簡易固定をつけた状態でお過ごしいただくことに👇

❣️患者様のお声❣️

楽になりました。本日無事アキレス腱がくっついて安心しましたし、自分の足でギプスなして歩けるスッキリ感が嬉しいです。歩行療法はコストがかかったとしても手術やリハビリをすると結局それはそれでコストはかかりますし、毎日自分の力で人の力なしに生活しながら治せたので、とても満足しています。人間の本来持っている回復力を活かすという方法は理にかなっていると思います。周りでアキレス腱断裂の方がいたらぜひ進めたいです。有難うございました!

11月からのドイツ主張にも行けるように無理せず引き続き回復につとめたいです。

❣️こちらの患者様が描いてくださったブログ

昨日ギプスを外しました。不安もありましたが、先生の『大丈夫!ちゃんとくっついてますよ』の一言でほっと安心・・・・。しかしかなりむくみがあり、触るとアキレス腱ができてるのはわかるが、ちょっと見ムクミに埋もれた感じ。

ほぐしてもらい自分で歩いて見る。がに股歩きだが、自分の足で歩けるなんとも言えない爽快感‼️後はがに股歩きでアキレス腱に負担をかけないようにゆっくり伸ばして行くだけ。ストレッチは厳禁。2ヶ月(11月いっぱい)は決して無理しないよう原先生から注意。最近いきなり通常の歩きを始めて再断裂する人が出ており、せっかく1ヶ月我慢した甲斐がなく、現状の足の状態を認識して回復のペースに合わせて歩き方もゆっくり変えることが大切とのことです。帰りは両足に靴を履いて歩いて帰りました。途中1ヶ月の断酒の後お酒を飲んだが日本酒はまずかった・・・家に戻って飲んだワインはうまかった。かみさんに報告、何はともあれ第一段階はクリア‼︎年末はは晴れて自由に歩けることを目指してじっくり1ヶ月無理せず頑張りましょう。朝起きて正座はできるし、胡座もかける・・・ささやかな幸せを感じた朝でした。

http://s.ameblo.jp/junmaidakeyo/entry-12316765117.html

❣️初診時のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です