歩行療法事例60 再診 広島県30代男性 バスケットボールで右アキレス腱断裂

M様のプロフィール

・居住地:広島県

・年齢:37歳

・性別:男性

・理由:バスケット

・断裂足:右

・断裂日:2017/8/23

・問い合わせ日: 8/23

・歩行療法実施日:8/24

・歩行ギプス除去日 : 9/28

・状況:アキレス腱断裂翌日に歩行療法開始

・問い合わせ:インターネット検索

広島県にお住いの患者様が再診で東京の治療院にきてくださいました。歩行ギプスを除去しアキレス腱を確認すると綺麗にバッチリ癒合していました。素足で歩いてみます👇

歩行の仕方はバッチリ👌ですがやはりいきなり固定を全て外すのは少しご不安とのこと、後ろ側だけ固定をしてお帰りになられました。安定感が増してさらにスムーズな歩行ですね👇

こちらの簡易固定はご自身のお身体と相談しながら自由にとって頂いて構いません。

❣️患者様のお声❣️

歩行療法の一ヶ月は松葉杖なしで歩いて仕事や家事ができたことがとても助かりました。仕事は電気関係の仕事をしており屋上へ点検など行くのにハシゴを登ったりするのはできず、少し制限はありましたが松葉杖生活だと全くできなかったことを思うと歩行療法にしてよかったですし満足しています。

数年前に逆の左足を断裂したときは手術をしてしまい、今でもアキレス腱が太く引っ張られていて傷が残っているので、今回はこの歩行療法に出会えてよかったです。

広島から新幹線で来るのは少し遠いですが、それでも価値のある療法だと思います。最初問い合わせの電話をしたときは、夜中でも電話対応していただき、翌日すぐに治療できて大変助かりました。今後も是非普及してほしいです。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です