歩行療法事例50 初診 富山県40代男性 バスケで右アキレス腱断裂

S様のプロフィール

・居住地 : 神奈川県

・年齢:40歳

・性別:男性

・理由:フットサル

・断裂足:右

・断裂日:2017/8/25

・問い合わせ日: 8/26

・歩行療法実施日:8/26

・歩行ギプス除去日 :

・状況:アキレス腱断裂二日後に簡易固定、翌日に歩行療法に切り替え

富山県から新しい患者様が長野の治療院にご来院下さいました。前側にシーネ固定をした簡易固定でのご来院です👇

{798A9775-E416-46BF-B531-4525AA9493E7}

ギプスを外して右アキレス腱の状態を確認するとアキレス腱が切れています。断裂から翌日なので比較的むくみや筋肉の硬直などは少ないですが少し浮腫んでいます👇

{84D35C38-D89A-4892-9813-99A4E5526442}

早速歩行ギプスを固定して歩いてみる事に。翌日なのでとてもスムーズなガニ股歩行です👇

❣️患者様のお声❣️

アキレス腱断裂時は音がしたのですぐわかりました。恐怖や仕事ができるかの心配がまず第一でした。病院では手術が進められましたが治すまで時間がかかるのと松葉杖が面倒でやめました。歩行療法は普段の仕事や生活に支障が少ないこと、松葉杖が無いこと、早く治ることが決め手でした。本日無事歩行ギプス付けられて良かったです。一ヶ月頑張ります!

カテゴリー: blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です