歩行療法事例49 初診 40代男性 フットサルで右アキレス腱断裂

O様のプロフィール

・居住地 : 神奈川県

・年齢:40歳

・性別:男性

・理由:フットサル

・断裂足:右

・断裂日:2017/8/20

・問い合わせ日: 8/22

・歩行療法実施日:8/24

・歩行ギプス除去日 :

・状況:アキレス腱断裂二日後に簡易固定、四日後に歩行療法に切り替え

簡易固定と松葉杖の状態でのご来院。神奈川県から運転でお越し下さりました👇
{C965A27D-820C-4667-9710-0514F46C7375}
右アキレス腱を確認すると断裂しています。内出血やむくみも見られます👇
{E4664A44-46AD-46BB-97DF-FFC541A3B34B}

ただ、簡易固定の期間が二日んだったこともあり、歩行ギプスは簡単に固定できました。固定した後の歩行の様子👇

❣️患者さまのお声❣️

断裂した瞬間は後ろから蹴られたような感覚があり怪我だと思ったがアキレス腱断裂とまでは分かりませんでした。断裂後は仕事ができるのかの心配とショックな気持ちになりました。その日は休日で病院がやっておらず近くの診療所に行き相談しました。

手術は入院が場合によっては長期になること、保存も治療に時間がかかることが嫌で、何か他の方法は無いかとネットで探しこちらの治療院を見つけました。それまでの少しの期間の松葉杖生活は動き辛く大変でした。歩行療法は何よりも普段の仕事や生活に影響がなく治せることが決め手になりました。

本日も無事歩けるようになって良かったです。有難うございます。一カ月頑張ります!

カテゴリー: blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です