歩行療法事例23 アキレス腱断裂二カ月後の歩行の様子

I様のプロフィール

・居住地:東京都

・年齢:37歳

・性別:男性

・理由:サッカーでの接触時

・断裂足:左

・断裂日:2017/6/18

・問い合わせ日: 6/18

・初診 歩行療法実施日:6/18

・再診 ギプス除去日 : 7/16

・状況:アキレス腱断裂直後に当院へ電話、何もつけずにご来院

・問い合わせ:インターネット検索

こちらの患者様の8/14のご様子。アキレス腱断裂から約2カ月後、ギプス除去から一カ月でこんなにもスムーズにギプス無しで歩けています。

屋内の歩行👇

屋外の歩行👇

階段の上り下り👇

現在のアキレス腱の見た目👇

{16D49F05-3805-472D-9FBB-477E3DFBA57F}

歩行療法は手術も松葉杖もなしで歩きながら直すので跡が残らずアキレス腱の太さも正常なままで治すことができます。

こちらの患者さまは断裂直後に問い合わせしてくださりすぐ歩行療法が開始できたのでとても治りが良いです。

❣️患者さまのお声❣️

ふくらはぎ下の硬さは少しずつ取れて来てます。歩くのも自分では完全な通常歩行ではないですが、周りから見る限りでは、違和感ないようです。がに股歩きはほぼしてないです。家で素足の時に、本能的にがに股歩きになってる時はありますが、それ以外は普通の歩行です。あと、このサポーターをしてましたが、前に教えて頂いたふくらはぎの下をゆっくりと押すことをやり始めてから調子が良いので、着けるのも止めました。

押すのを始めたからなのか、サポーターを着けるのを止めたからなのかは、わからないですが、今は何もしてない方が調子が良いです。
❣️アキレス腱断裂から6.7週間の時のブログ

カテゴリー: blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です