歩行療法事例23 アキレス腱断裂から6、7週間後の歩行の様子

I様のプロフィール

・居住地:東京都

・年齢:37歳

・性別:男性

・理由:サッカーでの接触時

・断裂足:左

・断裂日:2017/6/18

・問い合わせ日: 6/18

・初診 歩行療法実施日:6/18

・再診 ギプス除去日 : 7/16

・状況:アキレス腱断裂直後に当院へ電話、何もつけずにご来院

・問い合わせ:インターネット検索

こちらの患者様の7/30 のご様子。アキレス腱断裂から約6週間、ギプス除去から二週間でこんなにもスムーズにギプス無しで歩けています。

❣️患者様のお声

暗いですが、昨日の動画です。
後ろ側の固定具も外して、スキンズのタイツをしてます。
順調です。
続いてこちらは8/6 現在。アキレス腱断裂から7週間後の歩行の様子です。どんどんスムーズな歩行に!!👇
仕事中ずっと座ってて歩き始める時は、最初痛みがあるので、がに股歩行ですが、慣れれば普通の歩行です。
 
痛みもアキレス腱というより、足首が固まっててという感じです。  
後は、アキレス腱の上、ふくらはぎの下の硬い凝りがなかなか取れないです。
ギプスしてる時に比べて、足あげと指の運動は、ほぼサボってしまい、たまに浮腫もあります。
 
休日の長く歩くときはアキレス腱サポーターを念のためしてます。
普段の平日は着圧タイツを着けてるのが多いです。
けど、何も着けてなくても違和感なく歩けます。
 
スムーズに歩けてますが、片足でつま先荷重で立てないので、まだ、完全には普通の歩行ではないです。
 
保存と比べて筋肉も落ちてないので、前回の断裂時に保存療法で治した右足のほうのふくらはぎが寧ろ細いです。
しゃがむことも出来るようになり、順調だと思ってます。
❣️再診時のブログ

カテゴリー: blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です