歩行療法事例34 初診 30代男性 保存療法1週間後歩行療法へ切り替え

K様のプロフィール

・居住地:東京都

・年齢:37歳

・性別:男性

・理由:バスケット

・断裂足:右

・断裂日:2017/7/1

・問い合わせ日: 7/4

・歩行療法実施日:7/8

・歩行ギプス除去日 :

・状況:保存療法ギプスで固定1週間後、歩行療法へ切り替え

・問い合わせ:インターネット検索、ツイッター検索

新しい患者さまが来院されました。1週間の松葉杖生活が大変すぎたため此方の補助装具を購入され生活されていた様です👇

{A232CB96-DF37-4DD8-8831-8955F066657A}
松葉杖生活からは開放されたものの家の中で少しトイレに行く、冷蔵庫に物を取りに行くといった、ちょっとした動作の度にこちらを装着するのがかなり手間で片足ケンケンで生活されていたそうです。

保存療法で1週間ギプスで固定していた事もあり、右側の足がかなり浮腫んでいます👇

{48B29EF1-8A2F-459C-97F4-08AD8F71939E}

内出血もまだある状況です👇

{9B68943C-7289-417C-A841-4A0915D5E492}

早速歩行ギプスを固定していきます👇

{00D4DFC0-B083-49D6-B685-7344F3537940}

後ろ側だけ固定した状態で一度歩行可能か確認します。最初は恐る恐るですがガニ股で歩行できるように👇

前側も固定していきます👇

{35025F8B-9625-4A0A-AC46-1E21C932A825}

最後にむくみ防止のベルクロを巻いて歩行の確認。先ほどよりもさらにスムーズに歩けるように👇

最後に先生から一カ月間の注意点やリハビリ運動をご説明👇

{B23F4EC6-547D-40A3-9B2B-5AC3E153780B}

無事歩いて帰られました。

❣️患者さまのお声❣️

断裂時はアキレス腱にボールが当たった感覚で断裂したとは思いませんでした。翌日に整形外科に行き保存療法を勧められ開始したものの松葉杖生活をの辛さは自分が考えるていたよりも大変で回復までの時間もないかかることかがネックに。一人暮らしのため日常生活全般が大変でした。何か他の方法がないかインターネットやツイッターで調べるている時に歩行療法に出会いました。ホームページの内容を確認すると理にかなっているように思えたので特に不安はありませんでした。本日も歩行ギプスを固定したことで松葉杖なしで歩けるようになりとても嬉しく安心しました。あの松葉杖生活から開放されるだけで本当に有難いです。一カ月頑張ります。

❣️当院のホームページ
カテゴリー: blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です