歩行療法事例28 初診 茨城県40代二児の母 ソフトバレーで左アキレス腱断裂

F様のプロフィール

・居住地:東京都

・年齢:43歳

・性別:女性

・理由:ソフトバレー

・断裂足:左

・断裂日:2017/6/20

・問い合わせ日: 6/21

・初診 歩行療法実施日:6/25

・再診 ギプス除去日 :

・状況:他の整形外科で簡易固定の後、断裂から5日後歩行療法開始

・問い合わせ:インターネット検索

新しい患者様が茨城県からお越しくださいました。旦那様とお子様2人とお車でのご来院。応急処置で行った整形外科にしてもらった後ろ側のシーネの簡易固定で5日間過ごされ歩かれていたそう👇

{3EF927F9-2FA5-4D17-B0E7-8A073C290F8C}

5日間経過していますがむくみ防止の足上げや荷重かけなどしっかり行って頂いていたので、立ち上がりや歩行状態がとても良いです。早速歩行ギプスを装着していきます👇

{6ABBCF44-00BA-4B11-9F99-047BDB5DA4C3}
いざ歩いてみるとしっかりガニ股歩きで歩けるようになっています。患者様も旦那様も驚かれています👇
最後にむくみ防止の圧迫包帯を巻いて完成👇
{D10355E6-65B1-450C-B5E3-27B633D69DC4}

歩行療法期間中のリハビリ運動のご説明。特にむくみが大敵なのでこの足上げのポーズをできるだけ沢山長く行っていただくことをお願いしています👇

{988C97CF-F72B-467C-82EF-5105A80323DD}

❣️患者さまのお声

アキレス腱断裂した時は後ろから蹴られたような感覚があり立てなくなったので、怪我をしたとは思いましたがアキレス腱断裂とは思いませんでした。

前兆かは分かりませんが2週間前に子供の運動会で走った時大きくコケたこともありました。

ソフトバレーも普段あんまりしないので運動不足の状態で無理をしてしまったのだと思います。

アキレス腱断裂と知った時は普段の仕事ができるか不安でした。松葉杖生活を二ヶ月するとなるとふだんの生活はできなくなるので歩行療法を選びました。

子供の子育てもありますし仕事もあるのでできるだけ普段の生活をしながら治療できる療法が良かったです。歩行療法に関してもホームページにたくさん情報が載っていたので特に不安もなく来れました。

実際今日歩行ギプスをつけて歩いてみてかなり歩きやすくてビックリしました。ガニ股歩きではありますが松葉杖が無いだけでとても生活がしやすそうです。完治に向けて一ヶ月間頑張ります。

カテゴリー: blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です