歩行療法事例27 初診 埼玉県30代男性 バトミントンで左アキレス腱断裂

I様のプロフィール

・居住地:埼玉県

・年齢:38歳

・性別 : 男性

・理由:バトミントン

・断裂足:左

・断裂日:2017/6/18

・問い合わせ日: 6/19

・初診 歩行療法実施日:6/24

・再診 ギプス除去日 :

・状況:保存療法のギプス固定を6日間実施後歩行療法開始

・問い合わせ:インターネット検索

新しい患者様が来院されました。最初に行った病院での保存療法のギプス固定の状態でのご来院です。それほど角度は激しくないのでなだらかなヒールのよう。しかし歩ける角度ではありません👇

{7806A3F8-9AE3-45D8-8C19-5B02B2B8DE85}
このギプスと松葉杖の状態では約30分の通勤の満員電車は厳しいとの事で当院にご来院いただく迄は会社をお休みして、ご自宅でパソコンを使ってリモートでお仕事されていたそうです。

ギプスカッターでまず固定を除去していきます。激しい音が出るので患者さまも少し怖がられています👇

{CD8A5893-AD7B-481A-B187-EF15C9C8AE7C}

 

{F2AABFF0-3BDB-4BDD-9B1D-68CA6EDBE02A}

内出血が少し多めです👇

{8058B3BD-6110-4FFD-A6DD-1DAED0978D9B}
足を綺麗に拭き取っていきます👇
{57CA094D-A88F-4694-8C3F-4890D46E7483}

アキレス腱の状態を確認するとやはり右アキレス腱が完全断裂していました👇

{50E94605-6D30-42B3-B64E-307892400EC1}

約1週間ギプス固定していたのでまずは立つ練習から開始します。最初はアキレス腱の突っ張り感があり痛みがあるとのこと。足に重心をかけて慣れて行くと段々立てるようになってきました👇

{FD7DBB4F-7E7F-4494-B442-004991C91F46}

その後に歩行ギプスを固定していきます👇

{A3F39B9D-28A0-4201-8A05-7E307728C367}

歩行ギプスの完成👇

{A2750E5A-0657-4490-905D-B16C831562FB}
歩行ギプスをつけて約1週間ぶりに歩いてみます。最初は恐る恐るでしたが段々慣れてきてスムーズにガニ股歩きできるようになってきました👇

むくみ防止の圧迫包帯 ベルクロを巻いて👇

{F2BAD8D6-3EA7-4EB9-8C31-2BE1C5FC725D}

 

{571CA4C9-DCA8-4A67-B3DF-905AEBAE31CF}

最後に歩行療法期間中のリハビリ運動や注意点などご説明させて頂き終了です。無事歩けるようになって奥様と一緒にお帰りいただきました👇

{120D8669-E4EF-4E3C-97A3-32A105CD165C}

❣️患者様のお声❣️

アキレス腱断裂時はふくらはぎが肉離れしたのかと最初は思いましたが病院でアキレス腱完全断裂と言われた時はショックと仕事ができるか不安になりました。

手術は仕事を離脱しなければならないし、怖い事、保存療法は松葉杖が無いと歩けないので生活に支障が出ると思い歩行療法にしました。歩行療法は早く治る事、普段の生活や仕事に極力影響が出ない事、傷が残らない事が決めてになりました。仕事は30分の混み合う通勤の電車に乗らなければならず松葉杖だとかなりきびしいです。

歩行療法は珍しい治療方法ですが以前に肉離れした時もかかと重心でガニ股歩きで治るというロジックと似ていて納得感があったので特に不安もありませんでした。実際本日歩行ギプスをつけてみて最初はツッパリ感があり痛みもありましたが段々慣れてきました。普通のギプスよりも軽くて柔らかく歩きやすいです。

小さい子供もいるので家族に負担をかけない療法を選べて良かったです。これから一カ月頑張ります。

カテゴリー: blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です