歩行療法事例 18 30代女性 2児のママ バレーボールでアキレス腱断裂

K様のプロフィール

・居住地:東京都

・年齢:30歳

・性別:女

・理由:バレーボール

・断裂足:左

・断裂日:2017/6/2

・問い合わせ日:2017/6/2

・初診 歩行療法実施日:2017/6/3

・再診 ギプス除去日 : 2017/7/2 予定

・状況:断裂の翌日に歩行療法開始

・問い合わせ:インターネット検索

新しい患者様が来院されました。小さいお子様二人を連れてのご来院です。簡易固定のギプスにはヒールが内蔵されています👇

{0A66ACED-A8C2-4AA3-9F28-89DDF585E394}
わずか1日足らずでもこの状態での生活はとても不便で大変だったそう👇

{683B89D4-72D3-4271-AA3D-6C989EB58030}
ギプスを外していきます。ガチガチのギプス固定ではなく簡易的な包帯を巻いているタイプなのですぐ取れました。👇

{89BAA269-4CC5-4452-92B4-7B3B66E80898}
断裂した左足は内出血がでています👇
{CFF58E8F-B684-43A0-8D10-D3C4D058AA42}
たった1日でも断裂した左足が浮腫んで太くなっているのがわかると思います👇

{BF237E11-CE9B-4E64-8EEE-C729B003E58A}
早速歩行ギプスを装着していきます👇

{EF7B5979-C459-44D9-B4CA-C42DA667238F}
歩行ギプスは普通のギプスと違って柔らかくて柔軟な素材なので患者様も コレなら歩きやすい!と感激されていました👇

{692D7A1A-F47E-43C6-9DB2-14E56149059B}
一度ウラ側だけ固定して歩いてみます、患者様も痛みがなく歩けると仰っています👇
続いて前側も固定していきます👇
{27B012FE-D7BD-48DF-AD87-D1ABB56AC20C}

{BD663A3B-D2E7-434A-B360-2E7D6907E3E3}

最後に浮腫み防止の圧迫包帯 ベルクロを巻いて歩行ギプスの完成👇

{56A2EA0E-6992-4A68-913D-D1364F1E48B8}
段々スラスラ歩けるように👇
最後に原先生から歩行療法期間中のリハビリや注意点をご説明👇
{A0E3CDB7-6084-442F-AD5F-3F4CAEC03624}

小さいお子様二人もママの治療を心配そうに見守っていました。松葉杖生活中はお子様が物を取ってくれたり足を労ってくれたりしたそうです。素敵な優しくお子様ですね!✨

{8420FBF5-52A8-4677-910A-62C4EC609E12}
階段の昇り降りも、ばっちり👌

❣️患者様のお声

アキレス腱断裂と知った時は普段の生活 、家事や子育てや仕事ができなくなる。。とショックと不安な気持ちでいっぱいでした。

最初の病院で言われた、保存と手術はどちらも普段の生活に支障が出るので、治療期間中の生活が想像できずに心が折れそうでした。

松葉杖生活では家事もできないし、小さい子供がいる中での手術と入院も非現実的でした。そんな中、この治療院の歩行療法のホームページを見て、これしかないっ!と思って問い合わせしました。

主人に相談すると有名ではない治療法なので少し難色を示されましたが自分で色々調べて、ホームページの患者様のきちんと治っているブログなどを見て勇気を出して本日来ました。

実際治療してみて、松葉杖なして歩きながら生活できることに喜びと安堵の気持ちでいっぱいです。原先生も優しく丁寧に対応してくださり安心しました。本当に気持ちが楽になり救われました。一カ月間リハビリ頑張ります!

この様なお声を頂きました。患者様の中にはご家族や最初通われている先生にこの歩行療法を相談すると、反対されてしまうというお話をよく聞きます。

K様もその一人でしたがご自身の生活のライフスタイルを考えるとこれしかない!!と決断しお越し頂きました。

皆さんもぜひご自身が納得のいく治療法をご選択頂ければと思います。

カテゴリー: blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です