歩行療法事例16 初診 30代男性 バトミントンで右アキレス腱断裂 翌日から歩行療法開始

M様のプロフィール

・居住地:神奈川県

・年齢:38歳

・性別:男性

・理由:バトミントン

・断裂足:右

・断裂日:2017/5/27

・問い合わせ日:2017/5/27

・歩行療法実施日:2017/5/28

・メニュー:初診

・状況:簡易ギプス固定の後、歩行療法開始

・問い合わせ:インターネット検索

本日の患者さまの来院時のお姿。断裂後に救急車で搬送された先の病院で簡易ギプス固定された状態で来院。搬送された脳神経外科の先生には手術を勧められたそう👇

{80F54D07-F9DB-44EA-8479-7C537220EA5C}
ご自身でも断裂したアキレス腱の状態を確認します👇

{1BF5226F-7614-4B30-B27D-C754125D63D4}

こちらの患者様は17年前に左アキレス腱をバスケットで断裂した経験があるそう今回の右もかなり分かりやすく完全断裂👇
{F55127E5-CEAF-4A03-8FA9-C54963F03162}
昔左足を断裂した際は、学生なので休めるということもあり手術療法を選択。しかし写真で見ても分かる通りかなり太くて硬いアキレス腱になってしまっています。
{CA01342C-1460-4119-AAD6-D7AD5F3B7C0A}
その時は三週間ヒールの様なギプスで固定を三週間して徐々に外していったそうです。
しかしその後2.3年はアキレス腱断裂部分に内出血が出たり可動域が狭くなったりして、ぎこちない歩き方は今でも続いているそうです。
{E120CF83-91EA-44DB-9A6E-5DB188A69029}
今回は自営業をされているので手術と入院で一週間空けるのは無理。松葉杖での仕事も無理。ということで断裂後にインターネットで他の可能性はないか。。?と調べて当院にお問い合わせくださいました。
断裂から翌日の朝ギプス固定だったので足の固まりなどもなくすぐに歩行ギプスの装着に👇
{C9442508-1DE3-44E5-A2A2-5B0870F4270A}

{61771969-B378-4EE7-809F-D8F843F33622}
可愛い小さなお子さん2人と奥様の運転で来てくださいました。よく患者様ご本人は歩行療法の意思があっても周りの家族に反対されたために歩行療法を最終的にされなかった患者様もいらっしゃいますが、今回は奥様から最初にお電話頂き、ご夫婦で歩行療法のご決断をして頂きました。
{606CCB74-0636-4008-B3F2-CF896C751849}
たった一日の松葉杖生活でも本当にご苦労された様で、少し歩くのも何かするのも全て一苦労。これが長期間続くなんて考えられなかったと仰っていました。
奥様も小さいお子様がいる中で旦那様がこの様な状態になってしまい、ましてやお仕事がてきないとなると、不安と負担が大きかったと仰っていました。
歩行療法であれば歩きながら治せるのでお仕事もしながら治療が可能です。
{6D6920BD-5B49-4E35-B09E-F8279E50A2D5}
歩行もバッチリです!👌
やはり断裂後すぐに来院してくださったことで治りも早いと改めて実感しました。
断裂されてお困りの方はぜひお早めにご相談ください。
{88E78268-E37A-4C35-8C2C-874E7E95114D}
サンダルを切ってテーピングしたお手製ギプス用サンダルを履いてお帰りなられました👇
{C6D58668-6FA5-452A-9FC8-E8901BC43746}
カテゴリー: blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です