患者様のお声 歩行療法事例10.初診 40代女性 ドッジボールで左アキレス腱断裂

患者様が当院での治療結果をフェイスブックでシェアしてくださいました。引き続きギプス除去までフォローさせていただきます!
——–
GW初日にアキレス腱断裂しました。日頃運動しない私がはりきって運動したら左足が悲鳴をあげました。
松葉杖生活ってすごく不便。バランスとるの難しいし、三歩進むだけでものすごく息があがる。両手塞がるから物を持って移動できない。などなど、普段なんともない事がものすごく大変。松葉杖、侮っていました。
辛いのが治療方法は保存療法でギプスで二ヶ月固定になる。と、言われた事。アトピー性皮膚炎がひどく通院中の私が長期間ギプスしたら、悪化してしまう。痒みに耐えられる自信は一切なし。この状態を回避するためにギプスなしで治療、もしくは固定期間が短くて済む方法がないか、ネットで調べてみました。
驚いた事に歩行療法でギプス固定一ヶ月、松葉杖なし。と言う治療院を見つけました。聞いた事ない治療方法で不安だったけど、一昨日、思い切って行ってきました。
現在の私は松葉杖生活から解放されました。ギプスで固定されているが歩けます。ガニ股で歩く様に指導されており、私の歩く姿を見た弟には「力士」と呼ばれています。歩く速度は遅いのですが、通勤はできるので、休み明けから仕事に復活予定です。
アキレス腱断裂治療と松葉杖生活、ギプス生活について勉強させられたGWは今回だけにしたいものです。
——
当院のホームページ❣
こちらの患者様の治療ブログはこちら👇

カテゴリー: blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です