歩行療法事例⑤初診 36歳男性 テニスでアキレス腱断裂後1週間後に歩行療法開始

本日の患者さま

36歳男性
東京都在住
断裂理由:テニス
左脚断裂
断裂日:4/9
4/10に応急処置としてギプス固定
歩行療法開始日:4/15
左脚がむくんでいます👇
{88869608-7171-42D8-A352-DC8C4AB5BCF6}

こちらの患者さんは珍しくアキレス腱断裂部に圧迫をかけると痛みを感じられました。

痛みの原因はむくみです。
むくみはアキレス腱断の治癒の大敵です。
他の病院で応急処置とせて1週間履いていたギプスはヒールの様な形をしています👇
{92DF11A7-0F61-4781-8ECE-850514804171}
ですから脚が着けず松葉杖が必要、歩かずに脚を固定するので脚も固まってしまいます。
1週間のギプス固定で脚が固まってしまっていたので血液循環をよくしようやく立てる様に。
その後に歩行ギプスを固定していきます👇
{85C0A8E1-5E14-4577-8730-FB6423F383DA}

最初は恐る恐るでしたが徐々にいい姿勢で歩けるようになってきました👇

{7FC84FA0-8114-418E-A2F5-DB40C1711093}
この方はお仕事柄出張や立ち仕事が多く、松葉杖をついての仕事は考えられないということでした。
また、手術や入院で1週間仕事を空けることもできないので、今回歩行療法という選択をしていただきました。
最初お電話でお問い合わせ頂いた時は、HPを見る限り歩行療法は聞いたこともなく、有名でもないので、怪しくて中々信用できなかったそうです。
しかし、その後に先生と何度もお電話して疑問や心配事を解決し、歩行療法を選んで頂けました。
治療後の歩行の様子👇

明日からまた遠方への出張へ行かれるそうですが、歩行療法なら松葉杖なしで歩きながら行けます。

その後のメールでの患者さまの声
こちらこそこのたびはありがとうございました。
足が良くなっているのかはわかりませんが、少なくとも歩くことで自信とやる気が戻ってきます。
 
というお言葉をいただきました。
これから1ヶ月後にまた歩行療法ギプスを除去します。
歩行療法に悩まれている方、今回の患者さんの様に先生との直接電話して、不安や疑問を払拭していただくのも第一報だと思います。
遠慮なくご相談ください。
お問い合わせフォームはホームページから👇
カテゴリー: blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です